青汁による、一般的に知られた効果
青汁とは
色々な種類の青汁

健康食品の中でも知名度がある青汁ですが、色々な種類の青汁があることをご存知ですか?

最近では原材料や形状の違う様々な青汁があります。

まず原材料の種類ですが、一般的に利用されているのが、ケールです。

ケールというのはキャベツの種類の中の一つで、別名「野菜の王様」と呼ばれるほど、栄養の多く含まれている緑黄色野菜です。

ケールは一年中栽培出来ることもあって、青汁の原料として使われています。

青汁といえばケールを連想される方も多いと思います。

しかしケールは独特の苦みがあり、やや飲みにくいことから、ケール以外の青汁もたくさん開発され販売されています。

最近では大麦若葉の青汁も人気があります。

大麦若葉は大麦が実を付ける前の葉を刈り取ったものです。ケール同様に栄養が豊富な植物です。

大麦若葉の方がケールよりもクセがなく飲みやすいのが特徴です。

他にもケールと大麦若葉をブレンドした商品、明日葉や緑茶の青汁などもあります。

次に青汁の形状ですが、最もポピュラーなのが粉末タイプです。

加工した青汁を粉末化して個別に包装してあるもので、手軽で人気があります。

水などで溶かして飲むのが一般的です。

絞りたての青汁をそのまま冷凍したタイプもあります。こちらは栄養を凝縮してあるのでお勧めですが、やや飲みにくい傾向があります。

あとは錠剤タイプのサプリメントやフリーズドライタイプ等があります。

このように昔に比べて種類がだいぶん増えました。

それぞれの特徴を活かし、自分の好みやライフスタイルに合った青汁を選んで健康を維持していきませんか?