青汁による、一般的に知られた効果
青汁とは
青汁の栄養素

青汁というと、誰もが苦いけど体に良さそうなイメージを抱いているのではないでしょうか?

健康食品の中でも世間の認知度はかなり高いと思われます。

では一体、体に良いどんな栄養素が入っているのでしょうか?

青汁と一言でいっても、その成分は主原料によって変わってきます。

主に青汁に良く使用されている緑葉野菜にはケールや大麦若葉等があります。

どちらにもビタミン類、ミネラル類、そして食物繊維が豊富に含まれています。

ビタミンAは髪や皮膚を健康に保ったり、眼の働きを良くしたり、ガンの予防に効果があります。

ビタミンCは免疫力アップ、抗酸化作用やストレスの軽減、美肌作用があります。

ミネラルは人が生きる上で欠かせない骨や歯などの骨格形成、たんぱく質や脂質の成分となるなどの重要な役割があります。ビタミンと並んで微量栄養素と呼ばれています。

ミネラルは体内で合成することは出来ない栄養成分ですので、外部から摂取しかできない栄養素なのです。

食物繊維は便秘予防や、腸内の環境を整えたりします。最近では、心筋梗塞や糖尿病などの生活習慣病予防に効果があることも注目されています。

これらはどれも普段の食事からの摂取では十分足りているとは言えないでしょう。

青汁とはこのように私たちの体に必要不可欠な成分がたくさん含まれていることがわかります。

しかも生のまま絞っていることで、熱などにより栄養成分が壊されることがありません。その結果、栄養価の高いまま体内に摂り入れることが出来る優れた健康食品なのです。